学戦大都市アスタリスク

巨大なクレーター湖に浮かぶ学園大都市、“六花(りっか)”。またの名をアスタリスクとも叫ぶこういうカルチャー栄えた地は、世の中最大の合戦魅力です“星武祭(フェスタ)”の開始地であり、世界中から“星プルス年頃(ジェネステラ)”の集う学園大都市です。
「ん?ハンカチ?」
当日、こういうアスタリスクの星導館学園高等部へ編入すべく、やってきた少年・天ミスト綾斗。歩いていたら風に飛ばされてきたハンカチを偶然キャッチする。
これが恋人のツキを大きく切り替える事業にもなるとも知らず。
「おや。四フロアか」
見上げると大きなお住宅があり、4フロアには窓が開いている。おおかたそこからハンカチは飛んできたのだろう。
「まず足場も有るし、問題無いかな」
恋人は常人ではありえない程の跳躍力で軽々と柵を乗り越え、木の枝をつかみはじめ回転して四フロアの窓まで近付く。
だがそこには、
「え?」
「あれ?」
絶賛着替えインサイドの肌着形の美少女が単独。そんなふうに、こがれユリスとの触れ合いだった。
これは、学戦大都市ですアスタリスクにて、少年乙女が生じる目的の為に命がけで競い合う相談。
読物作品は男児向けのファンタジー作品。脚本は灯ノベルだ。
アスタリスクという非常に高度なカルチャーが発達した大都市で、覇者です少年乙女が剣や魔法?を使い、争う相談だ。
専業キーワードやルビを振った特殊な見方が手広く、慣れない顧客は非常に苦労するかもしれませんが、SFのラノベでは最早人道。これが当然と言うか普通情景なので、どうにか慣れてほしいなぁと思います。それにしても複雑な見方や専業キーワードがやたらと多い思いはしますが。
とはいえ読物作品は此度、若い子を中心にヒットしているのもファクト。昨今の合戦物品のラノベ作品を読みたいなら読物作品でしょう。
此方は戯画化されたお客様ですが、ハマったなら正邪脚本も読んでほしいですね。挿し絵がはなはだ違うから、歓迎はあると思いますが、個人的にはokiuraくんの挿し絵を推したいだ。
いややっぱりマンガ版も良いと思いますよ。けどはじめ枚挿し絵には強敵勝つのは難しいです。描く体積が違うし……。
それはさておき、読物作品は人気の空き、アニメ化や遊戯化も果たしてある。最早夜戯画界では知らない人はいないとも言えるでしょう。
やむを得ず、正邪一度、テンプレートを読んでみてください!後悔しない出来だ!
富山県の興信所